×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




コーチングオリジナルコラム集 質問はクライアントのためにする

 


 クライアントへの質問は、コーチのためではなく、クライアントのために行われる必要があります。
 このことをコーチが気をつけていないと、クライアントへの質問が”コーチの聞きたいこと”、”興味があること”の情報収集に なってしまいます。

 例えば、行政書士の資格を取ることを目標としているクライアントをコーチングするとします。この際、コーチの興味本位で 「行政書士ってどんな資格ですか?」、「行政書士は全国に何人位いるんですか?」等質問することはコーチのための質 問であり、クライアントのための質問ではありません。これでは日常会話になってしまいます。

 コーチがクライアントに質問する意味は”新しい視点”、”気づき”を与えることにあります。
 コーチは質問が、クライアントのための質問であるのか意識して、コーチングを行う必要があります。 

コーチング クリスチャンへのTOPに戻る  コーチングオリジナルコラム集に戻る

コーチング クリスチャンへの主要メニュー
 コーチングで得られる成果  個人コーチング コーチングについて  私のコーチングに対する思い  コーチングとは? 
 コーチングで新しい道を切り開けた私  コーチングの強み コーチングで変わった私 家族に使えるコーチング 
 コーチングでは目標を明確にすることが重要  コーチングで自分の目標を実現させたい方  人間関係でお悩み方
 あなたの生きがいは何ですか? コーチングで仕事を成功させたい方  ストレス度チェック ストレスのへの対処方法 
 コーチングのメリット コーチングを受けたクライアント様からの声  今コーチングが必要な時代です コーチを目指している方へ
 カウンセリングとコーチングの違い コーチングにもカウンセリング能力が必要  従来の部下管理方法とコーチングの違い 
 コーチを選ぶ時のポイント コーチング新たな視点コラム集 コーチングオリジナルコラム集 勝つ!コーチングお勧めの本 
 コーチング費用 相互リンクのお申し込み  相互リンク集(コーチング) 勝つ!コーチング相互リンク集1 
 コーチングでビジネスをサポート!  コーチングとカウンセリング ブログ